春の雲取山でテント泊を楽しむ

春の雲取山でテント泊を楽しむ

雲取山は、東京都最高峰として人気が高い山です。雲取山荘は、年間1万人以上が宿泊する場所です。前日は雨だったこともあって、天気が心配されましたが、土曜日から晴れが広がるようになり、日曜日に快晴でした。最高の気候の中で登山&テント泊を楽しむことができました。

雲取山
雲取山

日程:2022年5月28日~29日(予定)
人数:1名~6名ぐらいを予定
集合:8:30 奥多摩駅
(ホリデー快速おくたま1号奨励)
2番乗り場からバスで鴨沢まで
高低差:約1500m
標高:2017m
歩行距離:約10km
参加要件:イベント参加歴・体力ある方
宿泊:雲取山荘・テント泊は各自の選択
レベル:★★★☆☆中級
複数回の登山経験(要体力)
予算:雲取山荘泊の場合は、7400円(5800+夕食1600)+各自交通費2000円+往復バス1350円
(個室は個室料が1部屋4000円)
・テント泊する場合は1500円+各自交通費。
・三条の湯入浴料600円

奥多摩駅 8:30

ホリデー快速奥多摩の車内はとても混雑していました。

奥多摩駅のバス停
奥多摩駅のバス停

奥多摩駅 9:00

5月下旬で気候が良いこともあって、大勢の登山客で賑わっていました。奥多摩駅に着くと、バス乗り場は行列ができていて、バスが3便ほど増便されることになりました。

奥多摩湖
奥多摩湖

鴨沢 9:40

鴨沢から登山道に入っていきます。ダラダラと登山道を登っていくことになります。ここから6時間40分(休憩1時間20分)登っていくことになります。

雲取山
雲取山
七ツ石小屋
七ツ石小屋
雲取山避難小屋
雲取山避難小屋
雲取山の山頂
雲取山の山頂
雲取山荘
雲取山荘
雲取山 テント場
雲取山 テント場
夜景
テント場からの夜景

夜は、かなり冷え込んで、はっきり言って寒すぎる状態でした。夏の寝袋をもっていったので、かなり寒かったです。ホッカイロを4つ出して体に貼り付けて、寒さをしのぐような状況でした。

三条の湯

三条の湯で温泉に入ります。硫黄の匂いがする温泉ですが、かけ流しではなくて循環させている温泉になっています。三条の湯は、宿泊・食事が可能になっていて、テント泊も可能です。夏は川遊びする場所もあり、遊びにくる環境として最高です。

三条の湯
三条の湯

民宿「お祭荘」は、既に閉館していますが、バス停は稼動しています。

お祭
お祭