BBQ活動の概要

日帰りキャンプは、デーキャンプと言われていて、ほとんどの場合に「キャンプ場で日帰りBBQ」をすることを指しています。屋外BBQは、食材をスーパーなどで買って、BBQ会場では調理器具類・BBQで必要になる機材をレンタルを行うのがお勧めです。

屋外BBQバーベキュー
屋外BBQバーベキュー

準備するもの

テント・タープ類
テーブル・チェア・レジャーシート
軍手・ガスライター・ゴミ袋など
調理器具:まな板、包丁、フライパン・鍋・皿・カップ・箸など
焚き火台:直火NGのキャンプ場で必要です。
網:焚き火台の上に載せてBBQします。
コンロ・グリルなど:焼き物・煮物で使います。

BBQの食材リスト

BBQで用意する肉の量は、男性300~400g、女性250~300gとされています。

<肉類>
ラム肉、牛肉、豚肉、鶏肉(もも肉)手羽先、カルビ肉、ウィンナーソーセージ

<海鮮類>
冷凍えび、冷凍海鮮(えび、ほたて、いかのセット)

<野菜類>
しいたけ、エリンギ、ピーマン、なす、キャベツ、たまねぎ、ししゃも、トマト、カット野菜・焼きそば

<食器類>
使い捨て食器類(割り箸、ティッシュ、コップ、皿、アルミホイル)

<調味料>
調味料(味塩コショウ、焼肉のたれ、サラダ油)

<飲料>
飲料4本など

食材の買出しを行った場合には、1人1500円分ぐらいの食材になります。

BBQする時の注意事項

BBQする時には、虫除けスプレー、消臭スプレーなどスプレー類を持ち込まないことが大事です。スプレーを使うと、ガスが引火して大変に危険です。虫除けは、クリーム状のものを使ったりするなど、引火するものを持ち込まないように注意する必要があります。

カセットコンロを使用する場合、カセットコンロを鍋が覆うような使い方(鉄板・大鍋など)、2台を並べた使い方などは、ボンベが熱を持ち爆発する危険性がある大変に危険な使い方です。火気の近くにボンベを置かないことを徹底する必要があります。